上海に居ながら日本を考えるブログ

上海にやたら長く住む日本人が中国と日本を比較しながら様々なことに思いを馳せる落書き帳

仕事は正道を選びましょう2

パチンコ業界やソシャゲ業界に就職するのは止めた方がいいよという話を前回書きましたが、他にも仕事を選ぶ上で考えなくてはならない事があります。

 

ブラック会社という奴ですね。

 

私が新卒で入った会社(広告業界)の後輩にS君という男の子が居ました。良く言えば非常に素直で元気、悪く言えば素直過ぎて先を読む力に少し欠け、要領が良いとはお世辞にも言えないという感じ。

ただ素直なだけに着実に成長できる人材だと思っていました。

 

しかし横並びで入った新卒は、横並びに評価されてしまいます。多少目端の利くタイプは割りと先行して業績を上げやすいですね。そういう人間は褒められますので調子に乗って更に成約を上げたりして良いスパイラルになったりします。

一方正直者で要領はイマイチなS君、同期の中では2番手グループになります。

 

実際の話、新卒入社時に調子の良かった人間がそのまま成果を上げ続けられるわけではありません。私見ですが5年くらいのスパンで見た場合、正直で謙虚な人間は間違いなく台頭していきます。まあ更に本当の事を言うと要領が良くて更に謙虚で努力する人間も居ますので、そういう人間は早い段階で社内の中核となっていきます。

ただ、そこまでの素養は無くても十分やっていける社員にS君はなれた人材でした。

 

しかしS君は結局入社2年目で転職してしまいます。

飲食業界、居酒屋チェーン企業に。

かなり昔の話なので飲食がブラックなんて認識も社会にありませんでした。

 

転職後彼は朝から呼び込みの企画や書類仕事に負われ、午後は仕込み、夕方から店舗勤務、日をまたぐ頃から売上管理、明け方前に帰宅し朝から出社という一日3時間くらいしか寝られないという状態が続くことになり、結局転職した会社も1年も持たずに辞めてしまうこととなりました。

 

真っさらな新卒で素直で正直だったS君は、新卒2年目が終わるタイミングで2社を退職したという経歴になりました。

これは日本社会では相当な不利になることはよくわかると思います。

 

前回の話より更に大前提の話として、人間らしく生活できない会社に入るのは止めましょう。今は社員の自社評価なども公開されており、その辺の情報も比較的簡単に手に入るはずです。

そして社員をそのように働かせることでしか利益を上げることができない会社にはとっとと潰れてもらって業界を浄化していくのが一番です。

 

現実的にはとっくに崩壊している終身雇用制度、新卒採用のあり方も早く変わることを願っています。