上海に居ながら日本を考えるブログ

上海にやたら長く住む日本人が中国と日本を比較しながら様々なことに思いを馳せる落書き帳

中国人ってどんなやつ?

今日はちょっと中国人の内面について語ってみます。

私が見て会ってきた限りの話なので都市部の中国人に限られるかも知れません。

 

■他人を全く気にしない


これは日本人にとっては羨ましい気質になると思います。人口が多くて国土が広いせいと言われますが、民族としてのDNAかも知れません。もう日本人がびっくりするくらい他人をどうでもいいと思っています。何してても気にしません。
だから電車の中で大声で電話してても誰も咎めないし、そもそも気にしません。
逆に日本人は電車の中で誰かが小さな声で電話したとしてもルール違反ということで親の敵のような目つきで非難の目を向けますよね。でもよく考えてみると気になるのはお前がストレス溜まってるだけじゃないのという気がします。日本はストレス社会ですよね。。

ちなみによく日本のメディアでは電車内で子供におしっこさせる親の写真や、めちゃくちゃに汚い車内などが面白おかしく取り上げられますが、あんなのくそ田舎のごくごく限られた状況の画像です。今の上海の地下鉄は日本と同等レベルで美しいです。

さらにちなみにですが、中国人女性は電車で胸が男の腕や背中にあたろうと殆ど気にしません。欧米も割りとそうですね。日本人女性だけがまるで胸が誰かに当たったら金でも取られるかのように守り抜きますね。そんなに隠しまくるから逆にチカンが増えるのかも。ガンガン当ててたら誰もありがたいと思わなくなってチカンが減るかも知れませんね。ただの肉だし。

それと、若いカップルは日本人が見たらびっくりするくらい色々なところでベタベタします。チューとか当たり前。流石にそれ以上はまずありませんが、とにかくくっついてもたれあってベタベタベタベタしています笑。そこまでラブラブで羨ましいくらいです。これも、周りが誰も気にしてないからですね。

上海だと基本的に皆親の家に住んでいて、結婚するまで一人暮らしをすることはありません。家賃は高額だし、家族で住むことを非常に大切にしているので出たいと思う人はそもそもいないという事もあります。みんな親大好きですね。だからそれもあってそういうことをできる場所が無いのかも知れません。ラブホテルとか無いし。ただ最近少し緩和されて安ホテルが時間貸しするようになりました。

 

■身内・血縁単位での結びつきが恐ろしく強い

これはよく言われることですが、長らく政府を全く信用できない状態が続いた中国人は、血縁単位で守り合うことを生き延びる術としてきました。これは基本的に現在も続いています。他人をだますことを生業にする人でも身内だけは違いますね。

 

■スタイルが良い

内面と書いておいて外見の話をしてしまいますが中国は漢民族が殆ど(96%とか)です。ただ同じ漢民族でも結構色んな民族と血が混じっているため地域によって身長や体格にかなり差があります。一般的には北部は背が高く、南部は低いとされています。

ただ割りと高頻度でものすごくスタイルの良い人を見ます。上海に出稼ぎに来ている人かも知れませんが欧米人に全く引けを取らない体格です。

日本人との一番の違いは、体毛が薄いのと膝から下が曲がってない事ですね。実は日本人は黄色人種の中では相当に毛深い方です。あとO脚が多いのも日本人だけかも。上海で日本人が歩いていると大体脚をみて気が付きます。

あと胸も大きいですね。貧乳は殆どいません。

 

■老人と子供にやたら優しい

これはマジです。日本の子育て中のママたちはきっと中国来たら帰りたくなくなるくらい気持ちよく過ごせると思います。赤ちゃんなんて連れてたら電車では速攻で席譲られるし老人も同じ。これは政府の啓蒙もあるし、儒教も考えもあります。日本人は親切というのは幻想だということは中国に来るとよくわかりますよ。

 

■あとは正直そんなに違わない

実は目立つのはそれくらいで、同じ黄色人種として大体同じです。良い奴と悪い奴がいるのはどこも同じですし。仲良くなればむちゃくちゃ面白い奴もたくさん居ます。とんでもない美人を見かける率は日本より高い。ただ最近整形も増えてきた。日本もか。

あー中国人女性はお酒飲む人は少ないです。飲める人は留学経験者や水商売の人が多いです。普通の人は飲まない事が多い。男性は当然結構飲みます。

 

まあそんな感じでわざわざ書くほとの内容でもなかったことに書き終わってから気づきました。ごめんね。、