上海に居ながら日本を考えるブログ

上海にやたら長く住む日本人が中国と日本を比較しながら様々なことに思いを馳せる落書き帳

中国だったらああいうモラルが無いDQNには集団で関わっちゃうんだよ

fujipon.hatenablog.comこちらのブログを拝見し、痛ましい事件に胸が痛いです。

DQNに対してどのように対応するかという議論も色々とありますが、基本的に個人対個人になっているところがいかにも今の日本だと感じました。

 

同じことが中国で起きたとしたら・・・

 

駐車の問題を注意する⇒大声で言い合う⇒何だ何だとわらわら人が集まり言い合いに加わる⇒どう考えてもお前が悪いだろと違反者が皆に責められる⇒わかった、すぐにどかすとなり、去っていく⇒違反者を含め全員がすぐにその事を忘れる

 

という感じになると思います。中国人は基本的に何かあればすぐ話しかけてきたり集まったり、日本人と比べるとはるかに気安いコミュニケーションが発生します。また、他人の事を何とも思っておらず、親族や会社など狭いコミュニティ内での面子を潰されるような事で無ければ多分すぐにお互いが忘れてしまう事が多いです。

 

日本の島国根性・恥の文化・個人中心の社会性なども遠因となる大変痛ましい結果だと思います。

 

中国に住む身としては、日本でも何か問題が起きていたらわらわらと周りが集まってきてなんだどうしたとなってくれればどんなDQNでも暴力をふるったりするようなことはなくなるし、ちょっとしたトラブルなんてお互いすぐ忘れてしまえればいいのにと思ってしまいます。

 

でもここ数年中国でも都市部では日本みたいな感じになってきているんですよね・・社会が発展すると他人との関わりが減ってこういう感じになるのは避けられないのかも知れません。日本でも昔は多分中国みたいに集団での社会性が強く、なんだどうしたって感じで解決できたと思うんです。

 

だから個人主義が発達しすぎるのもちょっと考えものだなあと・・

でも日本がそういう状態に戻ることは恐らく相当貧しくならないと無理で、でもそうなるのはもしかしたら皆が思っているより早いかも知れず、それはそれで治安が悪化するし本当に悩みますね。