上海に居ながら日本を考えるブログ

上海にやたら長く住む日本人が中国と日本を比較しながら様々なことに思いを馳せる落書き帳

ビジネスパートナー選びのポイント(前編)

日本の会社は基本的に海外の会社との業務提携が極めて下手です。

なぜかというと日本の社会環境が極めて特殊だからです。

 

何が特殊かって、

・島国

単一民族(基本的に)

だからですね。日本は相互監視社会であり、良識を持って性善説で行動した方が有利な社会です。悪い事をするメリットよりもデメリットの方が基本的に大きくなるような環境のため、コモンセンスといての信頼の基準値が他国より高いというある意味恵まれた国でもあります。

 

一方中国は民族こそ漢民族が殆どを占めていますが、歴史的な経緯もあり良く言えば非常に自由でスピーディであり、悪く言えば生き馬の目を抜く出し抜いた者が勝つ社会です。性善説では無く、基本的に性悪説です。そうであるがゆえに血族が信頼のベースとして存在し、日本人からすると異常なくらい家族を大切にします。

 

この文化的差異がビジネスの世界では日本にとって致命的に作用するのです。

 

あなたは大手日系企業の中国市場開拓担当としてアライアンスパートナーを探しています。色々な人に相談し、信頼できる筋からA社を紹介されました。政府筋にもコネがあり、先方の代表含め多数の人に会いましたが印象は素晴らしい。協業した後のビジョンも明確でそれを実現させるための力を持っていると確信できる状態です。

 

これね、まず90%以上の確率で失敗します。

 

なぜでしょうか?

今度理由書きます。