上海に居ながら日本を考える

上海にやたら長く住む日本人が中国と日本を比較しながら様々なことに思いを馳せるよ

転職時に前職(現職)企業をけなしてはいけないという風潮について

日本人は転職回数をやたらにマイナス要素として気にしすぎるという意見を以前書いたのですが、同様に新しい企業との面接時に前職(現職)の仕事内容や会社自体をけなすことはご法度と面接指南で良く言われていることに対し強く疑問を感じています。

世の中の企業は、従業員から見て良い企業悪い企業様々です。良い会社だけど給料が低すぎる、頑張っていたけど評価が上司に横取りされる、とんでもなく意地悪な上司が居て仕事にならないなど、転職を考える理由はたくさんあります。

また管理職以上の階層での転職となると、経営者の考え方が今の時代に合っておらず、今後の成長が見込めない、上のポストが詰まってしまっていてこれ以上出世することは難しい、商品・サービスに最早競争力が無くそれを改善する体力が最早会社に残っていないなどこれもまた色々あるはずです。

しかし一度転職活動となれば、今の会社の悪口につながることは言ってはいけないと言われます。これが実に理不尽だと思うのです。

 

無論良いように新しい会社のサービスに強い魅力を感じている部分を伝えたり、どうにでもなる問題ではあります。

でも転職を決意する本質を伝えることができないというのは良くないと思うんですよね。

 

「私はこのプロジェクトに対してこのような取り組みを行い、ここまでの一定の成果は上げることができた。しかしそこから先に進むにはどうしても本社側開発部門の更なる努力が必要であり、交渉を重ねたが結局対応が難しくこれ以上プロジェクトの進展は難しいという結果となった。この仕事を通じて私のやりたい事が明確となり、それがより明確に実現できる御社で力を尽くしたいと考えている。」

 

という建前の転職動機があったとします。これを本音に置き換えると、、

 

「いやー俺頑張ったんですよ。プロジェクト予算も他社に比べると圧倒的に少ない中できることは多分全部やったと思ってます。でも最終的には製品コストであり、ここは最初に泣いてでもこのタイミングでシェアを取らないとこれ以上進める意味は無いんですよね。もう本社とは散々やり合いました。

でも問題の本質を何度伝えても理解できないみたいなんです。高額で雇われた責任者は短期利益しか追求していないんで長期的な視野は持てないし、社長は社長で会議では場当たり的な思いつきのコメントしか出さず、しかも次の会議では自分の言ったことを覚えていない状況なわけですよ。

この状況が打開できると信じて部下がついてきている状態で、俺ももうこれ以上頑張ることに何の意味があるのかなって思ってしまいましてね・・・。

その点御社の社長は創業者だから当然ビジネス上の嗅覚は優れているでしょうしやるべき対応をきちんと伝えれば考えてくれると思うんですよ。

俺も今の会社は長いんで散々努力し散々我慢もしてきました。でも、ここは転職リスクを負ってでも挑戦しないと自分の未来は拓けないだろうなってのが正直な気持ちです。」

 

となります。まあ実際この程度であれば大丈夫な会社はあります。

しかし堅い会社では無理でしょうね。

 

詰まるところ自分の会社に100%満足しているなら誰も転職はしないわけで、転職時にその不満な点を伝えないようにしましょうってのは転職者の意志をあいまいに見せてしまってお互い不幸なんじゃないのという話です。

 

 

漫画村が放置される日本

インターネットの扱いについては各国で施策の分かれるところではありますが、

中国では悪名の高い「グレートファイアーウォール」(通称:金盾)があります。

よく聞かれるのはGoogleのサービスを遮断したり(最近GoogleMapsが中国でも解禁)、エロ系も軒並みブロックしています。

FacebookTwitterなど海外のSNS系サービスに対して特に神経を尖らせていて、言論統制だという向きも強いです。

日本だと民間企業による子供を守るためのブロックや、子供のアクセスも多いYOUTUBEが子供向けのYOUTUBE KIDSを出したりしていますね。

つまり日本政府はインターネットを放置しています。

 

しかし私は思うのです。中国のやり方が正しいのではないかと。

 

一般の国民にとってネット上の情報が遮断されるのはストレスですし、言論統制的に利用されるべきではもちろん無いと思います。

しかしコンテンツという日本の資産に対して、著作権法の適用外の海外だから何の手も打たないというのはちょっとダメなんじゃないかと思います。そんなもの監視部隊を作ってドメインもブロックしてサーバ変えてもどんどんブロックしていけばいいのにと思います。これこのまま続けば出版社が死ぬのはもちろん、商業漫画家が生まれなくなりますよね。

またエロに関してもそうです。著作権を盾に、ダウンロードしたりアップロードしたりした人を罰するのでは無く、遮断するべきだと私は思います。

イタチごっこにはなりますが、そこは人やAIで解決できると思います。

 

コンビニでエロ本が売っている世界でも稀な国、日本。

 

まだ国民が多く、海外国家・企業にとって魅力のある市場であるうちに、そして日本の産業や文化を守るために早めの決断が必要だと思います。無論反対論は続出して与党を維持できなくなるかも知れませんが、国としてインターネットを放置して良い時代はとうに終わっているようにも思います。

 

 

頑張れ小室哲哉!

小室哲哉さん不倫されたそうですね。

会見まで開くとか・・有名人は大変ですね。

 

でも僕は逆にあの歳で不倫のエネルギーまで持っているということに深く感銘しました。小室哲哉さんの事は大して知りませんが、時代にあった音楽を作り出し巨万?の富を得たあげくに騙されて資産の大半を失ったという事くらいはどこかで読んだというレベルです。恐らく才能とエネルギーを持った方なのでしょう。

 

どうも昨今では不倫に対するバッシングがすごいらしいですね。私視点では正直風俗含めて周りの人間の何割かは不倫的な行動をしているのを多々見てきているので正直どうでもいいというか勝手にすればいいしむしろ元気だね君くらいの感覚でしか無いのですが、世間はどうも許さないようです。

 

この場合、世間=女性ということだと思います。男が不倫許せない!なんて女性のいない場所で言っているのを聞いた事がありません。不倫を肯定しているのでは無く、自分はしないけど友人がする分にはそれを止める理由は無いという感じですね。

 

女性の発言権が増すことは喜ばしいことだと一般的には言われますが、かのヒトラーが「女性が権力をもった国は数年以内に滅びる」と言ったとか言わないとか・・

僕は正直どっちかというとヒトラー派です。

 

女性の特徴として、個と集団、内と外で大きくその生態が変わるという事があると思っています。

そしてその集団が大きくなればなるほどその個々の生態とは全く異なる方向に進化していき、最終的に破綻に向かうケースが多いと感じています。

まあ単純に言うとヒステリーの問題です。男性にもヒステリーはありますが、脳の活動部位の問題で相対的に女性の方がヒステリックであるのは言うまでもありません。

なので女性的な考えを尊重し過ぎると今の日本のようになるわけです。不倫=人でなしという社会的認知ですね。

 

まあ何が言いたいかというと、

 

別に小室哲哉はお前には関係の無い人で、その無関係な人が不倫しようと何しようとお前には何の関係もないじゃん?何怒ってんの?

旦那や恋人が浮気したら怒るのは当然だけどさ、怒る前に悲しむっていうプロセスがあるべきだと思うんだ。なぜ浮気したんだろう?自分に問題があったのかなって。

でもさ、小室哲哉が浮気しても悲しくはないだろ?関係無いんだから。

ファンだった?ならまあ怒ってもいいけど・・・

 

自分でも何が言いたいかわからなくなってきました。

小室哲哉さんは世間の風潮に負けずに是非これからも死ぬまで頑張って不倫でも何でもしてチープな恋愛ソングでも引き続き作ればいいと思います!

 

 

 

27歳のあなたへ

ニャートさんの記事を読んでこの方の人生に思いを馳せてみた。

anond.hatelabo.jp

結論から言うと「世間」から馬鹿にされるのは仕方ないと思う。だって最大多数が思う「普通の生活」では無いから。

 

だけど善悪で考えればあなたは何も悪く無く、馬鹿にする方が悪だ。

そしてその悪に打ちのめされない強さを是非育てて欲しいと思う。

日本という島国では人と違うことで往々にしてこのような事はそこら中で日々起こっているので気にしないのが一番だとは思う。

でも日本に住んでいたら気にしないと生きにくいのもわかる。

 

料理ができるのもすごいし文章力もすごい。でもあなたが例え料理ができなくて文章がろくにかけていなかったとしても負い目を感じる必要は無い。

 

その人の価値は「人より優れた点」には無い。と、私の価値観は語る。

優劣を価値基準に置いてしまうと優しい人ほど生きていくことが難しくなってしまう。

 

誰しも自分の優れた点を自己の存在意義にしがちだ。しかし世の中上には上がいるので日々打ちのめされ、さらに高めようとあがく。それ自体は美しいが同じくらい醜い。

 

重要なのは自分の価値観を持つこと。自分を認めて褒めてあげること。褒めるポイントはたくさんあるはず。

そして自分を褒めた分他人に優しくすることができるのであればあなたは多くの生きるべきでは無い人々より遥かな高みにいるのだと思う。

 

どうか自信をもって欲しい。

毎日丁寧に生きてください。

 

何の役にも立たないアドバイスで申し訳なく思う。

 

 

中国でもやりがい搾取をする日本企業

diamond.jp

日本でもこの記事は結構有名騒がれましたね。

中国での日系企業は一体どうしているのだろうと思われる方もいると思います。中国の労働法は日本以上に労働者の権利を守るものが多く、罰則罰金も日本より高くつきます。

 

日本韓国台湾以外の国は大抵ワーカーレベルは定時で退社し、サービス残業的なものは基本的に殆ど無いと思っています。

少なくとも中国ではそうです。もちろん管理職以上で責任と高い給与を得ている層はこの限りではありません。日本人以上にずっと働いている人もたくさん居ます。

 

中国の場合、日系企業はご存知の通り他の国の企業より叩かれやすい素地があります。そのため基本的に法律を遵守している会社が殆どではありますが、もちろんそうでない会社も残念ながら存在します。

 

一定の時間以内の残業は給与に含むというようなギリギリ合法の雇用契約を結びつつ、実際はそれ以上働いているのにその時間を超えた分は認めないとかです。

しっかり法律を守っている立場からすれば本当に腹が立ちます。

まあいずれ近いうちに社員に訴えられると思うので高い示談金を払うことになるとは思います。

 

弱い立場の社員に不当な業務の押し付けをしている企業が早く潰れますように・・・